ビオレu アロマトリートメントボディウォッシュ オリエンタルバニラの香り

シェアする

普段使っているボディケアで、好みの香りはありますか。

私はバニラ・チョコ・ココナッツ系等の甘い香りや、ムスク等の重厚な香りが好きなのですが、今回は「バニラ系」の香りのボディケアをおひとつご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アロマトリートメントボディウォッシュ オリエンタルバニラの香り

aromatreatment-vanilla1

誰もがCM・店頭等で目にした事のある、ビオレのシリーズです。

ビオレといえばお子さん向けに作られていたり、「初めての洗顔はビオレでした!」なんて方も多いと思いますが、最近では香りや美容効果もプラスされた製品がたくさん発売されています。

流した瞬間、全身トリートメント体験!
天然アミノ酸系美容液成分が、肌に密着・角層に浸透。
洗い流すと、とろけるような肌ざわり。
お風呂上がりも、すぐに保湿ケアがいらないくらい、肌のうるおいが続きます。
ゆったり落ち着いたオリエンタルバニラの香り。

 (公式サイトより引用)

「アロマトリートメント」という製品名ではありますが、香りよりは主にうるおい感をコンセプトにしているようですね。

実際に使用してみました。

成分

水、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリルグルコシド、ラウラミドプロピルベタイン、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ベタイン、ラウレス-16、ラウレス硫酸Na、コカミドMEA、ラウレス-4、塩化Na、硫酸(Al/K)、ポリグリセリン-3、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-39、PEG-65M、ラウリン酸、PG、エチルヘキシルグリセリン、リンゴ酸、クエン酸、水酸化Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、黄4、赤106、赤504、緑3

aromatreatment-vanilla2

■水:表記の通り、お水です。

■ラウレス-4カルボン酸Na:アルコールとお酢の成分からつくられている、弱酸性の界面活性剤です。肌の油分を残しながら洗浄してくれる、とても良い成分です。この成分が上位にきているのは、成分が気になる方からみてもとても好感が持てると思います。

■ラウレス硫酸アンモニウム:一般に「石油系」といわれる界面活性剤です。洗浄力・脱脂力が強く、しっかりと汚れを落としてくれる成分です。シャンプー等にもよく使われています。

■ラウリルグルコシド:植物由来の界面活性剤です。泡立ちや洗浄成分としては弱い分類のものですが、赤ちゃん用のシャンプー等にも含まれているとても安全性の高い成分です。

■ラウラミドプロピルベタイン:両性界面活性剤です。ラウレス系の洗浄剤の刺激緩和としても使われる成分です。うるおいが肌に残りやすい洗浄剤です。こちらも赤ちゃん用の製品に使われていて、とても安全性の高い成分です。

■エタノール:いわゆるアルコールです。体質によっては気をつけたほうが良いですね。

■ジステアリン酸グリコール:製品の粘り気を出したり、ツヤを出してくれる成分です。シャンプー等にも入っている「パール化剤」といわれるもので、これが入っているとシャンプーやボディソープの液体がツヤツヤしていたり、白く見えたりします。

■ベタイン:天然由来で肌にも優しい、アミノ酸系の保湿成分です。こちらも赤ちゃん用の製品に使われていて、とても安全性の高い成分です。

■ラウレス-16:石油系の界面活性剤です。シャンプー等にもよく配合されていて、乳化剤としても使われる成分です。

■ラウレス硫酸Na:洗浄力のとても高い界面活性剤です。脱脂力がとても強い成分のため各所で問題にされがちですが、配合順位と、刺激を和らげる多剤が入っているか等の兼ね合いをしっかり見て欲しいものです。

■コカミドMEA:界面活性剤です。泡立ちを良くしたり、乳化剤、増粘剤としても使われるものです。

■ラウレス-4:植物由来の乳化剤で、化粧品等にも配合されている成分です。

■塩化Na:塩化ナトリウム。お塩です。

■硫酸(Al/K):いわゆる「ミョウバン」です。肌のきめを整える収れん剤、消臭剤として使われます。石鹸や、制汗剤等にも配合されています。

■ポリグリセリン-3:乳化剤、保湿剤として使われる成分です。シャンプーや美容液等にも良く使われています。

■グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:植物由来の界面活性剤です。コンディショニング効果があり、髪をやわらかくする効果もあるため、シャンプーにもよく配合されています。

■ポリクオタニウム-6:柔軟効果のある界面活性剤で、コンディショナー等にもよく使われます。コンディショニング効果があるため、石鹸や洗顔フォームなどにも配合される成分です。

■ポリクオタニウム-39:こちらも柔軟効果のある界面活性剤等を合成したポリマーです。こちらもコンディショニングや、肌のキメを整える効果、ハリをアップする効果等があります。

■PEG-65M:合成ポリマーで、こちらは薬剤を安定させるための乳化剤・結合剤として使われる成分です。入浴剤等のとろみ成分としても使われることもあります。

■ラウリン酸:ココナッツオイル・パーム油などに含まれる油の成分です。抗菌作用もあります。

■PG:保湿・潤滑剤として使われ、防カビ効果もあります。製品の使用感をよくしたり、品質を保つ効果があります。日持ちさせる効果がありますので、食品添加物としても使われるものです。

■エチルヘキシルグリセリン:バクテリアを抑え消臭・抗菌作用があります。製品の使用感をよくする効果もあります。

■リンゴ酸:食品添加物としても使われる、果物の酸味成分です。PHの調整剤として使われたり、角質をやわらかくする効果もあります。最近では美容効果のある下着にも配合され注目された成分です。

■クエン酸:柑橘類等に含まれる、おなじみの成分です。食品としても、水周りのお掃除にもよく使いますよね。製品を安定させたり、肌のキメを整える効果もあるため、化粧品等にもよく配合されています。

■水酸化Na:石鹸の材料で、他の成分を中和させる効果のがあります。pH調整剤として使われることが多いです。

■安息香酸Na:食品添加物としても使われる防腐剤です。製品に微生物が繁殖するのを防ぎます。

■フェノキシエタノール:こちらも防腐剤で、緑茶などにも含まれている成分です。抗菌作用がとても強い成分なので、このくらい後ろの位置に書かれている=配合量が少ないといえます。

■香料:香り成分です。今回の製品では天然のアロマエッセンスを使っているとパッケージに記載があります。

■黄4:食品添加物としても使用される着色料です。たくあんによく入っています。

■赤106:アシッドレッドのタール色素です。こちらも食品添加物として使用され、しょうがなどでよく使われます。

■赤504:こちらは化粧品によく使用されているタール色素です。

■緑3:食品添加物としても使用される、ファストグリーンのタール色素です。

パッケージ・中身

バニラのお花に、バニラ色のパッケージで、香りをそのままイメージした外見になっています。ポンプ式で使いやすいですね。

aromatreatment-vanilla3

ポンプの頭部とサイドに出っ張りがあり、見なくても触るだけでボディソープとわかるようになっています。親切設計。

aromatreatment-vanilla5aromatreatment-vanilla4

容器が透明ではありませんので、残量がわかりにくいのがやや難点でしょうか。

また、別途詰め替え用も発売されていて経済的です。

使い方

湿らせたタオルやスポンジなどに適量(2押し程度)をつけ、軽く泡立てて洗い、あとは流します。(パッケージに記載有り)

少なすぎると泡立ちが悪くなりますので、適度に使用しましょう。

香り

一般的にバニラで想像するような、甘い香りではありません。

ほんのりバニラの香りは入っていますが、どちらかというとオリエンタルな印象が強く、アジアンテイストを感じさせる香りです。

甘さがない分、男性でも使いやすいと思います。

レビュー

少量泡立ててみました。

aromatreatment-vanilla7

泡立ちはボディソープとしては標準的です。

特別ものすごく泡が出る、というわけでもないですし、泡立ちしなくて大変ということもなかったです。

aromatreatment-vanilla8

しっかり泡立っていますが、あまり硬い泡ではありません。

やわらかく、ふわふわした感触の泡です。

その後、20分程放置してみました。

aromatreatment-vanilla9

ピンと経っていた泡は弱くなっていますが、完全にはつぶれておらず、とてもヘタりにくいですね。

aromatreatment-vanilla10

近くで見るとさすがに泡のキメはやや荒くなっていますが、使用に問題ない程度の泡でした。

洗っていてもヘタりにくい泡ができるボディソープといえます。

実際にボディに使用してみた感想ですが、やはり泡がふわふわっとしていてやわらかく、保湿成分が入っているためか、するすると肌に伸びていく感触でした。

保湿成分のぬるっとした感触もほんのり感じました。

洗っている間はボディソープの香りが広がります。

洗い流す際は、泡自体はさっと流れ、うるおい成分がやや残りやすくなっていました。

香りは洗いたてにほんのりと肌に残る程度で、少し時間が経てば消えます。

香りのある入浴剤のお風呂に入るとすぐ消えてしまう程度の、弱めの香りです。

お風呂上りのお肌は、いつもより乾燥しづらくはなりました。

公式の謳い文句にも「お風呂上がりも、すぐに保湿ケアがいらないくらい」とありましたが、お風呂上り~ボディケアまでの間、水分を少し飛びづらくしてくれる、という程度の保湿力だと思います。

こんな方にオススメ!

オリエンタルな香りが好きで、お手ごろな価格で香りつきのボディソープを使ってみたい方にオススメです。

ビオレシリーズのもっとも良いところは、購入できるお店が多く価格も比較的お手ごろなところです。

詰め替えタイプがあるのも、ゴミが減らせていいですよね。

好みの香りで身体を洗うだけで、バスタイムがぐっと楽しくなりますよ。